Made In Taiwan の誇り - 歐得葆Oderbau家具

2012-02-24


Made In Taiwanの誇り - 歐得葆Oderbau家具

インターネットで仕事をするものとして、毎日最大の仕事はインターネットを通して検索して、それからMade In Taiwanの感動物語を尋ねることです。捜索、訪問の過程でよく、台湾人が努力奮闘する感動的な物語を聞きます。もちろんこれも人を励ます力があります。
なんとなくブログで本当にMade In Taiwanを標榜する家具会社を見つけました。ブログの中にも、TVBSの短い取材が貼ってあり、見た後、背後にさらに多くの大変な奮闘史の物語があることを感じ、すぐにこの会社の住所をメモして直接訪問しました。
やっと見つけた桃園平鎮にあるこの会社は、大きな鉄板外観の工場、高くそびえる二枚の巨大な美しいポスター、上に大きな八文字が書いてありました:ヨーロッパ品質 台湾アイデア(歐洲品質 台灣創意)。ポスターの家具は輸入のブランド品家具に見えます。私はその二枚の巨大ポスターを眺め、思わず、これは本当にMade In Taiwan なのか、と疑いました。ちょうど疑っている時、一人の忙しそうでとても厳しそうに見える男性が遠慮深く、私は誰だと聞いてきました。私はすぐに来た意図を説明し、おたがい紹介し終わった後、やっとこのとても厳しそうな男性はオーナー-林さんだということが分かりました。
林さんは私に工場の内部を案内しながら、彼らは100% Made In Taiwan にこだわっている家具メーカーだと話しました!語気の中に、この上ない誇りと自慢が見えました。工場に入るとすぐに、眼に入ったのは柔和な照明を当てている展示区でした。広い空間の中で、上品な一つ一つ設計が美しく、アイデアに満ちた家具が並べられていて、驚きました!わあ、これは欧米輸入のブランド品家具に匹敵するじゃないか。林さんの語気がこんなに誇りを持っているのももっともです。
私は勝手に来た意外な訪問客ですが、林さんはわざわざ暇を作って私と少し話して、他のお客様の訪問があったので、奥さんに私を接待させる手配をした後、すぐに他のお客様を接待しに行きました。奥さんは親しみやすい笑顔で、本当に林さんのあのとても厳粛な顔に似合いません。私は、一人がとても厳粛で、一人はこんなに親しみやすい笑顔なのは、本当に神様の巧妙な手配だと思いました。ふふ。
奥さんは私を連れて、彼らの展示ルームを案内してくれました。途中で、奥さんの顔にはずっと知らず知らずのうちに人を愉快にさせる笑顔があふれ、生まれつきの楽観と度量以外に、自家製品に対してとても満足と誇りがあるからなのだろうと思いました。もちろん、こんなにアイデアと設計美感に満ちた美しい家具を見て、すぐに遠慮しないで、奥さんに寝たり座ったりさせてくれるように頼みました。奥さんの親切で細かい解説によって、アイデア機能のある設計によって、これらの家具、ソファーは平凡ではないとわかりました。奥さんの解説と手本で、私はアイデアソファー、アイデアベッドセットを思い切り楽しみました!こんなに美しいスタイルで快適実用性を備えたアイデア家具を楽しみ感嘆すると同時に、もう少しでここに来た目的を忘れるところでした。 精緻な展示区を見学して、自らアイデア家具の実用と楽しみを体験した後、林さんもとお客様との会議を終え、正式に林さん、奥さんにインタビューする機会ができました。
インタビュー時、私はやっとわかりました、林さんが経営するこの“oderbau家具”はすでに成立してから24年にもなり、台湾の数回の経済発展衰退を耐え抜いて、しかも絶えず技術進歩、品質向上、設計美感、アイデア発想、製品機能を厳格に要求してきました!林さんは「この間には、妥協できないこだわりと苦しい奮闘の過程があります。経験した人だけが理解できます。」と言いました。
私は林さんに尋ねました。その他業者と同じように、自己生産の高いコストをあきらめて、中国の安い家具を販売することを考えたことがありますか?林さんははっきりと答えました「考えたことがありません!なぜならこれは良心事業です。質の悪い家具を知らない消費者に売るのは、それ自体が罪です!しかも、自分の製品にずっと自信があり、台湾の消費者が、いつか高品質の台湾メーカー品は安い中国商品との間に、品質と耐久度に天と地の差があると理解してくれると信じています。」
私は続けて尋ねました。それでは多くの外国ブランド品家具を輸入販売する業者とどうやって競争するのですか?林さんは言いました。「これこそが、どうしてずっと絶えず自分にケチをつけ、自家製品にケチをつける原因です!なぜなら、もしこのようにずっと自分にケチをつけ、製品にケチをつけ、それから絶えず技術と品質を向上させなければ、挟み撃ちの市場で淘汰されます。さらに自家製品に対して厳格な要求をして、絶えず製品の品質と付加価値を向上させることこそが、企業要永続発展の試練の過程です。この向上と試練は大変ですが、歯を食いしばってこだわり続けると、自分にも天の恵みがあります。」
林さんは続けて言いました。「このような苦しい奮闘とMade In Taiwanのこだわり、過程は外部の人が想像できないほど大変ですが、oderbau家具の努力によって得られるのは設計美感と製品アイデア機能に満ちた良質家具、消費者にも満足してもらえる高品質製品で、さらに100項以上の製品特許が得られました!」林さんの語気と表情はまた無比の誇りに満ちていました。
インタビュー過程中、私は林さんのあの厳粛な中に意志の堅さのある顔を見て、林さんが家具業の発展衰退過程の空しさを語るのを聞き、企業の努力とこだわりで、自慢できる自家製品ブランドの誇りを作ったことに触れた時、私は、もう一つの感動的な台湾の光の物語を聞きました。

 

100% Made In Taiwan のこだわり!100% Made In Taiwan の品質!
100% Made In Taiwan の努力!100% Made In Taiwan のアイデア!
これらは林さんが誇りにする100% Made In Taiwanです。私は本当に深く感動させられました!この外国ブランド品家具と中国の安い家具があふれる二重悪性競争の産業の中で、あきらめないMade In Taiwan の精神が、道を切り開き、しかも自社製品ブランドの家具工場を成功させているとは思いませんでした!これは、本当にすごいと言わざるを得ません。
この文章をたくさんのインターネットユーザーとシェアすると同時に、まだ絶えず考えていました。
どれだけのこだわりと努力で、林さんの意志の堅さが作られるのだろう?
どれだけの顧客の評価で、奥さんのあの満足な笑顔が生まれるのだろう?
私は、これはきっと長いこだわり歳月だけが累積できるものだと思います!?
今、私は尋ねたい:この変動の年代に、日本人は日本商品だけを買い、韓国人は韓国商品だけを愛し、それでは私たちこの感動と人の心を励ます物語に満ちた宝島に生活している台湾人民は?
私たちが、アメリカ大リーグで成功した台湾の偉大なスポーツマン、たとえば:陳金鋒、王建民、郭泓志、曹錦輝、胡金龍、羅国輝を誇りに思うとき。世界に有名なハイテク半導体業界の台積電、聯電を誇りに思う時。私たちが全世界消費性電子を席巻する華碩、宏碁、鴻海、広達を誇りに思う時。国際トップレベル自転車選手がジャイアント、メリダの高品質自転車に乗って試合しているのを誇りに思う時。私たちが苗栗のサクソフォン業者を誇りに思う時。私たちが台湾のために莫大な外貨を稼ぐ輸出CNC機械業者を誇りに思う時、誰がMade In Taiwanにこだわる伝統製造業者を誇りに思うのか?誰が安い中国家具と外国輸入ブランド品家具の隙間で努力して、活路を見出した家具業者を誇りに思うのか?
最後に、私は言いたいことは、私たちが最高だと思う解答を出す前に、私たちがこの不景気に感傷的になると同時に、私たちが消費券を持ってどの物品を買うか考えるとき、まずMade In Taiwanの価値と誇りを考えてください!
みなさん、一緒にMade In Taiwan の誇りを取り戻しましょう。